はじめての電子工作に!ラズベリーパイとスクラッチ

今回は電子工作でお馴染みのラズベリーパイを紹介します。

 

ラズベリーパイとはなんでしょう?

美味しそう!お菓子??

いえいえ実はパソコンなんです!

大きさはマウスくらいで超小型なんです。

小型とはいえ、ディスプレイやキーボードをつなげば普通のパソコンと同じように使えますよ!

 

最大の特徴は汎用入出力端子「GPIO」を搭載していること。

金色の針(ピン)が2段20列ありまして、それぞれに名前と番号がついていて、役割があります。

 

このGPIOとLEDをつなげて、スクラッチを使いLEDを光らせるプログラムを作ることができます。

 

例えばパソにゃんを操作して鍵に触れるとLEDが光るプログラム。

正しく配線をして

もし鍵に触れたなら

Config17out=Configは設定、17番ピン、outは出力

gpio17on=GPIOの17番をオンにする

このようにスクラッチのプログラムと組み合わせて使うことが出来るんです。

 

ラズベリーパイとスクラッチ講座は、画面だけでなく、現実の物が動いたり光ったりするのは新鮮な体験になると思います。

そしてプログラミングをすることで考える力がつくのでお子様から大人の方まで役に立つ講座になっています。

はじめての電子工作としてトライしてみませんか?

 

プログラミング無料体験お問い合わせはお電話にて!

 

前の記事

夏季休校のお知らせ

次の記事

人気レッスンの紹介