Androidユーザー必見!?Google Play Awardが発表!

先日Google I/O 2019(年一回行われるGoogleの開発会議)にてGoogle Play Awardが開催されました。

Google Play Awardとは?

簡単に言うと

【このアプリがすごい!~2018~】

普段皆さんが使っているGooglePlayのアプリを9つのカテゴリに分類し、それぞれの頂点を発表しようという催しです。

9つのカテゴリとは

最も画期的なアプリ

・最も社会的影響を与えたアプリ

・最も独創的なアプリ

・最高のアクセシビリティ体験アプリ

・最高のリビングルーム体験

・傑出した健康アプリ

・数十億の経験のための傑出したビルド

・最も美しいゲーム

・最も画期的なゲーム

とのこと。どうにも日本とはカテゴリ分けの方向性が違っていて面白いですね。

スマホが日常生活において当然の存在となっている昨今において、こういった催しは興味を深めるとともに、日常への一助としても大変便利なものですね。以下、各カテゴリの受賞アプリと簡単な概要を載せておきます

最も画期的なアプリ

SLOWLY – Connect to the World!

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.slowlyapp&e=-EnableAppDetailsPageRedesign

世界中の人と文通ができるアプリ。その最大の特徴は【ゆっくり】届く!

実際の距離によって相手にメッセージが届くタイミングが変わるとのこと。やり取りの高速化が進んでいる昨今において、むしろその遅さが人気の理由だそうです

最も社会的影響を与えたアプリ

Wisdo
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.wisdo.android.wisdo

こちらは17歳以上限定のアプリですが、似たような経験をしたことのある人とつながることができるSNSです。

似たような経験とは「うつ病」「ADHD」「PTSD」といった病気や「瞑想することを学ぶ」「あなたの夢の仕事を見つける」「幸せを増やす」というポジティブ(?)な内容まで様々。

最も独創的なアプリ

Tick Tock: A Tale for Two

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.OtherTales.TickTock

若者が動画を投稿して話題を呼んでいるアレ・・・ではなく形式としては2人協力プレイのパズルゲームアプリです。

言語は英語のみではあるものの、そのゲームアイディアから日本人からも高い評価を受けている模様。日本円で¥430とのことですが、switchのソフトを一本買うよりかは圧倒的にお安いですね(笑)

最高のアクセシビリティ体験アプリ

Envision AI

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.letsenvision.envisionai

「アクセシビリティ」とは「使いやすさ」「近づきやすさ」のことなので、意味合いとしては「日常生活を便利にするアプリ」といったところでしょうか。

これは視覚障害を持つ方の補助アプリ。

例えばこのアプリで文章を撮影するとそれを読み上げてくれたり、周囲を撮影するとその方向に何があるのかを説明してくれる、というもの。

 

最高のリビングルーム体験

Neverthink: The best of YouTube handpicked daily

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.neverthink

皆さんの中には普段からYoutubeをご覧になる方もいるかと思います。自分でお気に入りの動画を探したり、投稿者のチャンネル登録をしたり・・・そこでこのアプリを導入することにより【あなたはインターネット上で最も新鮮で、クレイジーでそしておかしなものだけを見るでしょう(原文ママ)】。

要はこのアプリ、様々なチャンネルからカテゴリごとに話題の動画を引っ張ってくるというもののようです。

流行のミームから息をのむようなミニドキュメント、目を見張るような説明者、あるいは単に最高のエンターテインメントまで、Neverthinkは毎日あなたにトップビデオとインターネットの隠された宝石を与えます。(原文ママ)

いちいち言い回しがコミカルで非常に興味がそそられますね(笑)

傑出した健康アプリ

Woebot: Your Self-Care Expert

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.woebot

ラバーダッキングという問題解決方法をご存知でしょうか。【自分の抱えている問題をものに話しかけることで、話しているうちに頭の中で問題が整理され、解決法が導かれる】というプログラマがよく使うテクニックなのですが、このアプリはその手法によく似ているかもしれません。

毎日このアプリから届けられるメッセージに応答することによって【うつ病、不安、人間関係の問題、先延ばし、孤独、悲しみ、依存症、疼痛管理などの症状のような日常のストレスや課題を解決】に導く健康アプリとのこと。

よく悩み事は人に話すだけでも楽になる、なんて言いますがこれからはAIに話しかける時代も来るようです。

数十億の経験のための傑出したビルド

Canva -ポスター、チラシ、フライヤー、名刺やお礼状を簡単に作成できるグラフィックデザインアプリ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.canva.editor

これは上記にもあるように様々なポスターや招待状なども作成できるアプリです。

「デザインセンスなんてないよ💦」という方も安心。プロのデザイナーが用意したテンプレートが数千点以上用意されているので、気に入ったデザインを選んでいくだけで大丈夫!

至れり尽くせりなあたりが日本製アプリっぽいですね

最も美しいゲーム

SHADOWGUN LEGENDS – オンラインシューターFPS !

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.madfingergames.legends

MMO(大規模多人数型オンラインゲーム)形式のFPS(一人称視点シューティングゲーム)です。ゲームをやらない人には訳の分からない単語の羅列ですが、要約するとネット上で行うサバゲー(エアガンでバンバン撃ち合うあれ)といったところでしょうか。

私もこの形式のゲームはよくやっていたので、実際のゲーム画面を見てみると一昔前のPCですら難儀していたレベルのグラフィックが当然のように展開していて「スマホの進化もここまで来たか!」というような感じでした。

近未来っぽい雰囲気も◎

最も画期的なゲーム

MARVEL ストライクフォース

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.foxnextgames.m3

みんな大好きMARVELの戦略ゲーム。参加キャラクターはスパイダーマンドクター・ストレンジグルートロケット・ラクーンロキヴェノムエレクトラキャプテンアメリカアイアンマンウルヴァリンなどなど。なぜかS.H.I.E.L.D.の隊員やらクリー人のモブなども実装しているのは妙なこだわりを感じますね。

今後もいろいろ実装予定はあるかも?

個人的にはスパイダーバースのマイルスが欲しいところですね。

以上、九つのアプリを紹介してみました。

役に立ちそうなアプリはありましたか?

何か面白そう!と思ったらとりあえずインストールしてみるでもいいと思います。実際に使ってみないとわからないこと多いですからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です