スクラッチを楽しもう!④音で楽しむ

今回のテーマは”音”です。

最近”音ゲー”なんていう言葉があるようですが、意味は音楽を演奏できるゲーム、音楽ゲームの総称だそうです。

太鼓をリズムに乗って叩くゲームなんかは有名ですね。

今回はスクラッチで音楽を演奏できるゲームをつくる基礎について説明します。

 

まずは音に関するブロックを見てみます。

必要な音符、音の種類、テンポや音量などを決めることができます。

数字が入っていてわかりにくいところがありますよね?

例えば楽器を1にってどういう事?と思われると思いますが安心してください。

数字の部分をクリックすると解りやすくなります。

このように楽器一覧から選ぶことができます。

しかし沢山の種類がありますね!

特に指定がなければピアノの音が選択されます。

 

実際に音を鳴らしていきます。今回はピアノをイメージして鍵盤の絵をいれます。

これは白の鍵盤が7個、黒の鍵盤が5個を並べたものです。

それぞれ白の鍵盤と黒の鍵盤を1個ずつ作ったものをコピーすれば簡単です。

白の鍵盤に「ド」「レ」「ミ」といったように名前をつけておくと解りやすくなります。

 

鍵盤をクリックしたらピアノの音が鳴るようにブロックを設定します。

まずはドから。

60の音符はドのことです。解りにくいので数字でクリックします。

鍵盤が出てきてどの数字がどの音符なのかわかるように作られていますので簡単ですね!

これでドがクリックされたときピアノの音でドを奏でてくれます。

 

もしキーボードを使いたいときは

このようなブロックを使えばキーボードの1がドというように設定することができます。

 

以上を組み合わせて、音が変わる楽器なども作れます。

是非試してみてくださいね!

 

夏休みプログラミング無料体験お問い合わせはお電話にて!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です